テレビでDAZNのJリーグを視聴する方法と導入方法

テレビの大画面でDAZNのJリーグを視聴する方法まとめ

DAZNはスポーツ専門のオンラインチャンネルです。

 

オンラインチャンネルと聞くと、パソコンやスマホでしか視聴できないと考えがちです。

 

しかし。

 

安心してください。

 

スカパー!がJリーグを放送していた時と同様にテレビの大画面でDAZNのJリーグを見る方法があります。

 

ポイントは「Amazon Fire TV」です。

 

Amazon Fire TVを使ってDAZNをテレビで視聴

DAZNはオンラインチャンネルのためインターネット回線やWi-Fiなど高速通信回線を使って視聴します。

 

Amazon Fire TVを利用したとしてもインターネット回線が必要になることは変わりませんので注意が必要です。

 

DAZNをテレビで見るためにはAmazon Fire TVかFire TV Stickを使ってAmazonアプリストアへとアクセスします。

 

AmazonアプリストアからDAZNのアプリをダウンロードすることでDAZNの視聴が可能になります。

 

DAZNでJリーグを視聴する場合は通信速度の基準が公式HPで公開されています。

 

標準画質であれば5.0Mbps。

 

HD画質であれば9.0Mbps。

 

それぞれの通信速度が必要になります。

 

固定回線の光通信であれば問題ありませんがWi-Fiや格安SIMの速度では快適な視聴環境を準備できない可能性がありますので注意してください。

 

Amazon Fire TVを使うメリット

Amazon Fire TVを使ってDAZNでJリーグを楽しむメリットをまとめます。

 

メリットはテレビの大画面で以前同様Jリーグを楽しむことができることです。

 

スカパー!で長年に渡ってJリーグを楽しんできた人にとって急にパソコンやスマホ限定になると不便です。

 

わたしも自宅で他のチームの試合を流し見するときは大画面のテレビで楽しんできました。

 

テレビでJリーグを楽しめることがAmazon Fire TV、Fire TV Stickを使う最大のメリットです。

 

Amazon Fire TVを使うデメリット

考えられるデメリットについてもまとめます。

 

1つ目は初期費用が大きくなってしまう事です。

 

Amazon Fire TVは\11,980円、Fire TV Stickは\5,980円が必要になります。

 

少しでも初期費用を抑えたい場合はこれらの金額が重荷になってしまいます。

 

Amazonプライムビデオと合わせればメリットが絶大

DAZNを契約した後にJリーグをテレビで視聴するためにAmazon Fire TVをおススメしています。

 

Amazon Fire TVを設置すればJリーグ以外にもメリットがあります。

 

Amazonプライム会員になればプライムビデオを同時に楽しむことが出来ます。

 

年会費3600円を支払うことでAmazonのお急ぎ便やプライムビデオなどメリットをフル活用できます。

 

Jリーグ以外にも様々なビデオコンテンツを楽しむことができるので合わせて契約することをおススメします。

 

 

まとめ

DAZNのJリーグをテレビで視聴する方法についてまとめました。

 

結論を振り返ると「Amazon Fire TV」か「Fire TV Stick」を購入することが解決策です。

 

毎週末の楽しみを以前通り、快適な環境で楽しむためにも早めの準備を心がけましょう。

 

待っているのは最高の週末だ!

 

 

手軽に導入できる「Fire TV Stick」はこちら

¥4,980

 

フルスペックの「Amazon Fire TV」はこちら

¥11,980‐

スポンサードリンク